40代で仕事がつらいと感じる人が多いのはなぜ?

40代で仕事がつらいと思う人が多い理由とは?

40代といえば、昔は働き盛りなんて言われることもありましたが、現代では働く気力さえも消えかけて、なんとか仕事にしがみついている人も多いようです!

40代という年代は、本来であればそれなりに大きな仕事を任されたり、部下とともに目標を達成するために躍進するはずなんですけどね・・・

もちろん、40代に入って仕事もプライベートも充実しているという人もいますが、そういう方はおそらく私のような落ちこぼれが運営するこんなブログなんて読まないでしょう(笑)

この記事は、題名のとおり「仕事がつらい40代」が対象ですからね。

しかし、なぜ40代で仕事がつらいと感じる人は多いのでしょうか?

もしあなたがアラフォー世代で「仕事がつらい」と感じているのであれば、この記事を最後までお読みいただくことで何かヒントが得られるかもしれません。

働き盛りなのに働く気力を奪われていく状況

仕事が辛すぎる

40代以降になると、社会的な責任もこれまでと比較して重くなります。

40代となれば、部下を指示する立場にある人も結構いるのではないかと思いますが、部下が重大なミスを犯した時の責任は自分にあります。

40代では、20~30代の頃よりも他人の責任を負う機会も増えるでしょう。

また、上司と部下の板挟みで苦しむ世代も40代が多いのではないでしょうか?

昔でしたら「部下に慕われて上司の信頼も厚く、どんなに大きな仕事も責任をもってこなす働き盛りの40代」という絵に描いたようなイメージがあったみたいですけど、現代社会ではなかなかそうもいかないという・・・。

意欲のない部下毎日ストレスでイライラしている上司の板挟みで、精神を病んでしまう40代のサラリーマンやOLも実際には多いようです。

おまけにキャパシティ以上の仕事を押しつけられて、責任が重圧となって襲ってくるという現実もあったりします。

もちろん順調に実績をあげて出世してきた人でも、こういった状況に陥る可能性は十分に考えられます。

体力の衰えと病気になるリスク

40代は体力の衰えと病気になるリスクが高まる

40代は30代と比べると体力も衰えますし、病気になるリスクも高くなります。

とくに不摂生な生活を送っている人なんかは、健康診断の結果が怖くなる年代でもありますからね。

私も乳がん検診ではじめて「要精密検査」のお知らせが届いた時は、とてもショックでしたよ。

精密検査の結果、偽陽性だったのを見てホッとしたのを今でもよく覚えています。

40代は、こういった体力の衰えや病気のリスクも想定して生きる必要があるというわけです。

しかし、ストレスが溜まりやすい会社での立場&責任という重圧で押し潰されそうな状況にいたら、いくら健康管理は大事だと言われても、ストレス解消のために暴飲暴食に走ってしまう気持ちもわからなくもないですね・・・

40代で仕事がつらいと思う人には、こういったパターンも多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

リストラの恐怖

いつ何が起こるかわからない時代です。

長年勤務した会社がある日突然、吸収合併されたりすることも可能性としてはあり得るでしょう。

もしかしたら大規模なリストラがあるかもしれません。

また40代で誰でもできる簡単な仕事しかできない場合は、当然会社にも居づらくなります。

単に勤続年数が長いだけでは、厳しいということです。

そして、勤務先の会社の業績が悪化すると、リストラ対象の可能性が出てくるのも40代だったりします。

リストラの恐怖に怯えながら仕事をするのもつらいですよね?

40代からの転職は厳しい現実

最近では40代の転職も珍しくないなんて言われることもありますが、やはり40代以上で正社員を希望するとなると厳しいように思えます。

特殊技術や資格を持っているのであれば話は別かもしれませんけどね。

なので、仕事がつらくても後がない40代は、あと20年以上も現在の勤務先にしがみつかないと生きていくのが困難なんです。

しかし、ひとつの会社に長くいればいるほど、人間関係の悩みやトラブルに遭遇したり、仕事を辞めたくなるような出来事に見舞われる機会も増えるでしょう。

仕事を辞めたい理由は人間関係仕事を辞めたい理由の多くは人間関係という事実

35歳くらいまでだったら、どうしても仕事を辞めたければ転職して第二の社会人として再スタートできる確率も高いですが、40代となると難しかったりします。

それを考えると、40代で仕事を辞めるよりも、たとえ嫌なことがあっても定年までは現在の会社にしがみついた方が安全ですよね?

でも、定年まであと20年以上、今の会社で我慢し続けるとなると・・・

たしかに40代って仕事がつらい時期ですよね?

スポンサーリンク

非正規雇用&年収ダウン上等?

40代からの転職は現実的には難しいわけですが、派遣やバイトだったらまだあります。

以前、アラフォークライシスという番組に登場していた就職氷河期の方は正社員にこだわっていましたが、正社員でなければ40代でも仕事自体は結構あったりするものです。

私の場合、現在は独り身ですし、派遣やバイト以外にも収入を生み出すことがかろうじてできているので、別に今さら正社員にはこだわっていません。

私にとって雇われて働くことは、単なる生活費を得るための手段に過ぎず、社会的なステイタスみたいなものは求めていません。

自分一人の生活費を稼ぐのは、どんな仕事でもそれほど難しくはないですしね。

おかげさまで正社員だった頃よりも精神的に余裕がありますし、きちんと貯蓄もできてるし、生活苦に陥ることもなくなりました。

その代りに諦めたり、手放したものもたくさんあるんですけどね。

もちろん、まっとうに生きている立派な社会人の方からすれば、ただのバカが最悪な人生を生きているように映るのかもしれませんが、一度落ちるところまで落ちて、転落してしまった人間がそこから這い上がるには、社会のレールに乗っかろうとすればするほど深みにハマっていくものです。

誰にも指図されず、自分の自由に使える時間(=暇)というのは、私たちのような弱者にとって最大の武器になります。

なので決して暇を持て余してはいけません!

時間という武器をどのように使うかは、あなた次第です。

とはいえ、こんな生き方を決して他人様にオススメするわけにはいきません。

たしかに40代で仕事がつらいと思う人は多いのかもしれませんが、できればどうかまっとうに生きてくださいね。

「失うことから再び始まる人生もある」ってことが言いたかっただけなんですけど、うまく着地できたかな・・・(笑)

結局、40代って仕事とか関係なく、つらい時期なんじゃないの?

だからこそ、そばに居てくれる身近な人たちや、ほんの些細なことに幸せを見出すことができると思うんですよ。

どんな状況であれ、そこから学べることって大事ですよね?

2 Comments

apa

すごく参考になりました。

いきなりすみません。
apaと申します。

私は30代なんですけど、ひとつひとつ、グサッと刺さりながら読ませていただきました。

いま、社会的には就職している立場ではなく。

40代になると転職がむずかしくなる。

という言葉を読んで、あらためていま、一生懸命がんばらないとダメなんだなと思いました。

「時間という武器をどう使うかは自分次第」

という言葉も非常に重いです・・・

今、ある時間は無限じゃなくて有限。

しっかりと計画的に未来に向けて使っていかないとならないんだなと思いました。

すごく勉強になりました。

ありがとうございます。

また読ませていただきますね。

返信する
アリサ

apaさん、コメントありがとうございます!

もちろん地域などにもよりますが、40代の転職はとくに正社員を希望する場合は大変だと思います。
派遣やパートでしたら、40代でもまだ仕事はありますけどね。

できる時に努力はした方が良いですよ。

年を重ねるごとに時間の使い方が重要になってくると思っています。

お互いがんばりましょう!

またよろしくおねがいします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。