お局様をやめさせる方法!仕返しは意味がない?

お局様の対処法

やたらと高圧的な態度で、口うるさい小言や嫌味を発することで部下を追い詰める老害女性社員のことを世間ではお局様なんて呼ぶようですが、あなたの職場にはこういう人っていますか?

お局様に目をつけられると社会人生活において、会社にいる勤務時間は支配されたようなものです。

アルバイトだったらすぐにやめることもできますが、正社員となるとなかなかそうもいかず、本当に厄介な問題だったりします。

多くのOLが抱えるお局様問題ですが、どうすればうまく対処できるのでしょうか?

世間で言われるお局様問題について一緒に考えていきましょう!

職場にいるうざいお局様の特徴

鬼の形相

長く会社に居座っているだけで、いつも偉そうで高圧的な態度のお局様。

うっかりミスを指摘されるといつまでもネチネチと突つかれて、嫌味や小言がウザいったらありゃしない!

その日1日がBADな気分で、胃のあたりがキリキリ痛む・・・

なんて経験はありませんか?

お局様の存在自体がストレスの根源となると、仕事のモチベーションを維持するのも困難です。

下手したら毎日、お局様と顔を合わせるだけで変な汗が出てきて、トイレに駆け込むほどの拒絶反応を起こす人も世の中にはいるかもしれませんね。

お局様のわかりやすい特徴はこんな感じ↓

  • 高圧的な態度でいつも偉そう(実際に自分よりも立場は上)
  • 女子社員(バイト)の支配者的存在
  • 嫌味や小言が多い
  • 愚痴・不平・不満で生きている
  • 仕事の手柄を独り占めする
  • 陰湿な嫌がらせを好む

そんなお局様ですが、決して仕事ができるというわけじゃありません。

できる女=お局様ではないのです。

まあ、中には仕事ができる人や優秀な人もいるのかもしれませんけど、チームワークが苦手なスタンドプレーヤーがほとんどではないでしょうか?

仮にどんなに仕事ができたとしても、人望のない独裁者が部下に慕われることはありません。

きっと寂しい人なんでしょう・・・というのは想像できるかと思います。

お局様に何か言われても、いちいち気にしてイライラしたり、落ち込む必要はありませんからね。

軽く受け流しつつも「自分はあんなふうには絶対にならない!」と、反面教師として利用してやりましょうw

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

お局様の性格や心理はわかりやすい?

お局様と認定される人には、性格的にいくつか共通点があったりします。

入社したての頃から高圧的な態度で周囲を威圧するお局様だったわけじゃないですからね。

鬼のようなお局様にも初々しかった頃があるはずですwww

そんな最初は初々しかったお局様も、長い会社人生の中で荒波に揉まれながら徐々にモンスター化していったのではないでしょうか?

↓の項目で当てはまるものが多い場合は要注意ですよ。誰でも将来的にお局様と化す可能性はありますからね。

  • 変な意味で真面目一辺倒(クラスメートに嫌われる生徒会長タイプ?)
  • 潔癖で融通がきかない
  • 頭が硬い(頑固・意固地)
  • プライドが高い
  • 他者に対して完璧を求める
  • 人を褒めない(貶すのが好き)
  • 失敗を許せない
  • 感情的でヒステリック

いくつかお局様に共通しそうな性格をピックアップしてみましたが、タイプ別にもっとシンプルにまとめるとわかりやすいかなと思います。

スポンサーリンク

タイプ別に分類してみると?

いわゆるお局様と呼ばれる人たちをタイプ別に分類すると、だいたいこの2つに行き着くのではないかなと。

  • 独裁者タイプ
  • 裸の女王様タイプ

独裁者タイプのお局様は、プライドが高く仕事においてはとにかく他者に厳しくて、言うことを聞かなかったり、うっかりミスをすると烈火のごとく罵詈雑言を浴びせてきます。

仕事のやり方に強いこだわりを持っていたり、自分の思い通りにいかないことを極端に嫌がる傾向が強いですね。

まあ、だいたいの場合、その強いこだわりが周囲を振り回してうまくいかない原因だったりするんだけど・・・。

相手や状況に対して臨機応変に考えることができず、ただ一方的に自分の正しさを押し通す生徒会長や風紀委員みたいな感じと言えばいいかな?

要するに力で人を支配するタイプです。

仕事には強いこだわりを持っていても、それが良い結果を導き出すとは限りません。

こういうタイプの人は、感情任せで大事な仕事の判断をするので、だいたいうまくいかず、結果的には部下を振り回すだけ振り回して無駄に疲れさせるという・・・最悪のオチが待ってますよ。

続いては裸の王様ならぬ、裸の女王様タイプですが、ひとことで言うと自分の自己顕示欲や承認欲求を満たすために部下を振り回す酷い人です。

周囲に取り巻きがいたりして、その同調圧力にやられちゃったりする人も多いんじゃないかな?

黒いものを白だと主張して、本当のことが言えない雰囲気を作り出すのが得意な人も多いですね。

でも、周りにいる人たちはみんな心の中で「女王様は裸でしょ?www」と嘲笑していたりするものです。

実際は威張っているだけで仕事ができない無能な人も多いようですよ。

こういうタイプの人ほど仕事はできないクセに自分の立場は誇示したいので、面倒な仕事を部下に押しつけて自分は手柄だけを独り占めしようと必死だったりします。

相手によって態度を変えたり、目上の人には媚びへつらうのもこのタイプかな。

お局様は年齢がいってて性格の悪い独身女性って何よ!

職場にいるウザいお局様

巷でよく「お局様は年齢がいってて性格の悪い独身女性」なんて定義されることがあるみたいなんですけど、アラフォーバツイチ独身の私としてはちょっと心外ですwww

別に私、お局様ではないんですけどね。

どういうわけか世の中ではお局様と独身女性を結びつけたがる風潮があるようですが、いったい何なんでしょうか?

このブログでも以前取り上げた「アラフォー独女は痛いという先入観」と似たようなイメージの刷り込みを感じます。

まあ、女性は結婚したら退職する人も多いですし、お局様に反撃するためには最大の弱点でもある「婚期を逃して独身」というイメージと紐つけるのが何かと好都合なのはわかりますけどね。

お局様の意味と語源

この記事を書くにあたって「お局様」の意味を調べてみました。

おつぼねとは、職場を仕切る古参OLのこと。

おつぼねとは職場を仕切る古参の女性社員を意味し、お局と書く。おつぼねは「意地悪」「口うるさい」といった意を含み、そういったOLを嘲ったり、侮蔑する際に使われることが多く、尊敬する先輩OLに使われることはほとんどない。また「おつぼね=行き後れ(婚期を過ぎても結婚出来ずにいる女性)」というイメージも強く、多くは独身の古参OLに使われる。

引用元:http://zokugo-dict.com/05o/otubone.htm

「行き後れというイメージが強く、多くは独身の古参OLに使われる」ですって?

これはあくまでそういうイメージが強いってだけで、すべての独身古参OLに当てはまるわけじゃないんですよ!

語源については1989年に放送されたドラマがきっかけなんだ?

現代の古参OLに対して使われるようになったのは、1989年に放送された大原麗子出演のNHK大河ドラマ『春日局』がキッカケで、同年は流行語的に使われた。

引用元:http://zokugo-dict.com/05o/otubone.htm

あらためてお局様という言葉の意味を調べてみると、いろいろ発見があって面白いですね。

スポンサーリンク

口うるさいお局様は撃退できるのか?

追い詰められるOL

職場において「いかにお局様が厄介な存在であるか?」は十分にご理解いただけたかと思いますが、いったいどのように対処すればよいのでしょうか?

おそらく口うるさいお局様に毎日、チクチクと小言や嫌味を言われている人たちの多くは、いつか反撃してやりたいと思ったこともあると思います。

実際に反論したり、言うことを無視したりといった行動を取った経験があるかもしれません。

しかし、その場で反撃したところで今後もお局様と仕事上関わらなければいけないのは事実として変わりませんし、事態が好転しない場合も多いです。

以前、「倍返しだ!」という言葉が流行りましたが、一人の社会人としてはあまり「目には目を歯には歯を」といった反撃の仕方はお勧めできません。

かといって、無視すればいいというわけでもないのが厄介なんですけどね。

何とかお局様(ラスボス)がいなくなってくれれば平和を取り戻せるのに・・・

歩み寄るか徹底抗戦か?

徹底抗戦

職場のウザいお局様の対処法は、歩み寄るか徹底抗戦か?どちらかになります。

場合によってはどちらも時間がかかります。

歩み寄るにしても、最初はいろいろと耐えなければいけなかったり、うまくいかずに失敗に終わる可能性だってありますからね。

そして徹底抗戦となると、職場の雰囲気が一気に悪くなったり、恨みを買う危険もあるので覚悟が必要です。

なので相手に恨みを買うようなやり方は、できれば避けたいものですよね?

しかし、お局様の存在が自分のこれからの人生を潰す脅威以外の何者でもない場合は仕方ありません。

相手にとってもダメージが少ない方が理想的なので、強硬手段は最後まで残しておくようにしてください。

なるべくお互いダメージの少ないやり方で対処しましょう。

真っ向勝負で復讐はしないほうがいい

「目には目を歯には歯を」といった形で、お局様に小言や嫌味を言われたら真っ向から反論したり、ブチギレるのは賢い選択ではありません。

相手がさらにヒートアップしたら、職場全体を巻き込んで険悪なムードになってしまう可能性も考えられますからね。

また、陰湿な嫌がらせで仕返しするのもやめたほうがいいでしょう。

会社の人間以外に相談するのはOKですけどね。

ただし、知人や友人に相談するときは、あまり愚痴っぽくならないように気をつけましょう。聞いている側もつらくなりますから。

もしお局様の息のかかった人しか会社にはいなくて、誰にも相談できない場合でも手段はあります。ご安心ください。

人生の悩みを相談できる人がいない人生の悩みを相談できる人がいないなら?

もしかしたらまったく自分のことを知らない人に相談した方がよいかもしれません。

さらに上の上司に相談

お局様の言動があまりにも酷く会社の業務に支障をきたすような場合は、思い切って上司に相談してみるのもよいでしょう。

ただし、それで上司が動いてくれる保証はどこにもありません。

できればお局様の言動に対して思い悩んでいる人たちを集めて、集団で上司に打ち明けた方が一人で相談にいくよりも効果的です。

相手の懐に入り込む作戦

鬼のようなお局様でも、いつも強いわけじゃありません。

同じ人間なのだから、体調不良や風邪で寝込むこともあるでしょう。

人間って弱っているときに優しくされると感情が動かされやすいものです。

もしお局様が体調不良や風邪で寝込むようなことがあったら、さり気なく近づいて「●●さん、ゆっくり休んくださって大丈夫です。ここは私がやるので無理なさらないでください。」といった感じで自ら仕事を引き受けたり、休憩中にスッと「のど飴どうですか?さっき咳しててつらそうだったので・・・」と気の利いた演出をしてみてはいかがでしょうか?

あとは、失敗しても許されるキャラを演じるという手もあります。

たとえば、うっかりミスをしてお局様が烈火のごとく怒りをぶち撒けてきても「すみません。今度から気をつけます!テヘッ」みたいな感じで、一応反省はしているんだけど、相手が怒るのもバカバカしくなるような雰囲気に持っていけるのが理想です。

うっかりミスを連発してもなぜか「しょーがないなあ。もう!」で許される人っていますよね?

もしかしたらお局様は、単なるコミュ障なだけで決して悪気はないんだけど、ついついネチネチした言動に走ってしまうだけなのかもしれません。

休憩時間にプライベートな話を積極的に振ったりしてみると、意外なところで意気投合して仲良くなれたりして・・・

最終手段は通報?内部告発?

報告

職場で厄介なお局様に歩み寄ったり、懐に入り込もうと試みたけれど、結局何をやってもうまくいかず、もう我慢も限界に達している場合は最終手段を使うしかありません。

できれば最終手段を使うことは避けたいんですけどね。

最終手段を行使すれば、会社を辞めざるを得ない状況にお局様を追い込んでしまうかもしれません。

「今まで散々人を追い込んできたんだから、それは仕方ないでしょ?」という意見もあると思いますが、実際に人を追い込むのって決して気持ちのいいものではありませんからね。

ただし、あまりにもお局様の言動が酷く、このまま放っておけば大問題につながるという危険性があるならば、それは会社のためにも阻止した方がよいでしょう。

お局様にとって嫌味や小言、人格否定、罵詈雑言は部下への愛情表現だとしても、それは明らかにパワハラだったりしますからね。

独裁者によるパワハラは、仕事をするうえでチームワークにも悪影響を及ぼしますし、会社をブラック企業化する要因にもつながります。

「本人と話をしてもダメ、会社に取り合っても改善されない、このままじゃ本当に自分にとっても企業にとってもよくない・・・」

そこまでいってしまったら、思い切って各都道府県の相談機関に報告するしかありません。

お局様によるパワハラの相談窓口は厚生労働省のホームページに掲載されています。

参考 総合労働相談コーナーのご案内厚生労働省

また、中央労働委員会のホームページにもわかりやすい案内が掲載されているので参考にどうぞ。

参考 個別労働紛争のあっせん中央労働委員会

パワハラは人権侵害でもあるので、みんなの人権110番でも相談を受け付けています。

みんなの人権110番

 

☎0570-003-110

 

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken20.html

はっきり言って関わるだけ時間のムダ(結論)

お局様の機嫌をうかがって毎日自分を押し殺してビクビクしながら会社で過ごしたって、ストレスが溜まるだけです。

本当に仕事のできる人はチームを大事にしますし、自分の周りだけでなく会社全体を俯瞰して物事を判断します。

感情で動いて、機嫌次第では自分より弱い立場の人間に辛く当たるような上司の下で働いていても、成長は見込めません。

人を貶めることで自己重要感を満たそうとするような人間性の持ち主とは、はっきり言って関わるだけ時間のムダだというのが、私個人としての結論だったりします。

これはあくまで私の考え方なので、決して読者さんに押し付けるつもりはありません。

私の価値観については以前書いたこちらの記事を読んでいただくとわかると思います↓

嫉妬・妬み女同士の嫉妬は怖い!妬みから身を守る方法とは?

今、ひとつ言い忘れたことを思い出したので書き足しますが、自分より弱い立場の人間を追い詰めるようなお局様の心理というのは、↑の記事にもある通り、女同士の嫉妬にも大きく関係しているんじゃないかと思います。

たとえば、若さだったり、周囲にチヤホヤされていたり、プライベートが充実しているように見えたりすると、それらを自分と比較して勝手に妬むタイプの人っていますよね?

お局様の根底にはそういった劣等感があったりするのではないかなと。

はっきり言って関わるだけ時間のムダなんですよ。

生活に支障をきたさないのであれば、転職も視野に入れたほうが良い場合もあります。

環境を変えることで、心機一転あらたなスタートが切れますからね。

力で無理やり人を支配しようとする人は誰にも尊敬されません。

そんなお局様を反面教師に、せめてあなたは協力し合って一丸となれるチームを大切にできる人間を目指しましょう!

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。