生活費10万円以下で一人暮らし!都内に住むのは厳しいって本当?

生活費10万円以内で一人暮らしは可能?

前回は40代女性の一人暮らしに必要な生活費について書きましたが、事情は人それぞれで中には平均的な生活費が捻出できない場合もあるでしょう。

とくに貯金0円で日々の生活をやり繰りしていたり、毎月の手取りが10万円以下の貧困女子と呼ばれている人たちにとって生活費の負担は大きいですよね?

昨今はいつ何が起こるかわからない不安定な時代ということもあり、できれば生活費は安く押さえたいという人も増えているような気がします。

ということで、今回のテーマは生活費10万円以下での一人暮らしです。

現在、借金の返済があったり、給料が少なすぎる場合は、当然ですが生活費を押さえる必要がありますよね?

さすがに月5万円以下で生活するのは難しいですが、10万円あれば何とか生活していくことは可能です。

ぜひ、参考にしていただけたらと思います。

月10万円以下の生活費の内訳をシミュレーションすると?

毎月使えるお金が10万円と仮定して生活費をシミュレーションしてみるとこんな感じになりました↓↓

費目金額
家賃45,000円
光熱費10,000円
食費20,000円
通信費3,000円
衣類・美容費5,000円
交際費・娯楽1,000円

↑↑の合計が84,000円です。

ただし、国民健康保険の保険料や住民税等を考慮するとさらに生活費を押さえる必要があります。

スポンサーリンク

10万円以下で生活するには家賃4万円代が条件

家賃の安い木造アパート

↓↓の記事でも書いた通り、やはり一人暮らしの生活費は家賃がいくらかによって大きく変わります。

40代女性の一人暮らしに必要な生活費はいくら?40代女性の一人暮らし!生活費は月にいくら必要?

とくに生活費10万円以下となると、家賃は4万円代を超えたら苦しいと思います。

首都圏でなければ家賃4万円代以下の物件もわりとあったりするので、地方在住でしたら生活費10万円以下でも十分生活できるんじゃないかなと。

しかし、東京に住む場合は、都心部で家賃4万円代を条件に部屋を探すとなると・・・

  • 事故物件
  • 風呂なし木造アパート
  • 住み込みバイトの寮

↑↑といった感じでしょうか。

たまに不動産屋さんのサイトを見ていると、極端に家賃の安い物件が掲載されていることがあります。

原則としては事故物件の場合、告知義務があるようなんですが、事故後に一度でも誰かが入居していれば、それ以降に借りる人には告知されなかったりすることもあるようです。

ちなみに事故物件を調べるには、こちらのサイト↓↓が有名だったりします。

参考 事故物件公示サイト大島てる

次に風呂なし木造アパートなんですけど、最近では取り壊されて東京都内ではかなり少なくなっているように思えます。

震災以降はとくに倒壊の危険もあるので、築年数の古い木造アパートはできれば避けたいですね・・・

あと、家賃を押さえるには住み込みのバイトなどで完備されている寮に住むという手段もありますが、これはどちらかというと男性が多いかもしれませんね。

やはり生活費10万円以下で一人暮らしをする場合、東京近郊でしたら神奈川・埼玉・千葉・八王子・多摩辺りが狙い目といった感じでしょうか。

スポンサーリンク

光熱費は10,000円以内に押さえる

一人暮らしの光熱費は平均10,000円と言われています。

よほど電気代を使いすぎなければ、光熱費を10,000円以内に押さえることは難しくないと思います。

食費は1日600円+非常食

1ヶ月の食費を20,000円以内に押さえるにはだいたい1日600円が目安となります。

600円×30(31)日=18,000円(18,600円)

↑↑の18,000円(18,600円)に加えて、カロリーメイトなどの非常食に2,000円(1,400円)程度使うといった感じでしょうか。

もちろん自炊ですよ。外食している余裕なんてありませんからね。

さすがにこの状況だと1日2食が限界かな?

東京都内在住または都内勤務でしたら、こんな節約方法も有効です↓↓

アプリで食費節約食費節約にアプリ活用!外食がお得になるだけでなく社会貢献も?

衣類とコスメにはお金が回らないけど・・・

男性であれば衣類やコスメにお金を費やす必要はほとんどないと思いますが、女性の場合そういうわけにもいきません。

しかし、手取り10万円以下だとなかなか洋服や化粧品を買うのにも躊躇してしまいますよね?

洋服はメルカリなどで300~500円のものを3着ほど購入して、うまくローテーションすると安く済みます。

コスメに関しては肌に塗ったりするのであまりお勧めしたくありませんが、100円ショップでも手には入ります。

できれば化粧水と乳液は、品質の良いものを選んだ方が安全だと個人的には思っているので、サンプルを集めておくことをお勧めしますけどね。

あと、衣類とコスメに関してはある程度の妥協は必要ですが、美容室は女性であれば2~3ヶ月に一度は行ったほうがいいと思いますよ。

ネットは格安SIMのスマホのみ!

通信費については、もちろん固定電話は必要ありません。

自宅にインターネット回線を引くと結構な出費になるので、通信費は基本的に格安SIMのスマホのみです。

格安SIMのスマホはSIMフリーの端末が必要ですが、中古のものをメルカリやヤフオクで安く購入すればOKです。

これで通信費は3,000円以内に押さえられます。



初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

交際費や娯楽は創意工夫次第!

月10万円以下で生活する場合、贅沢は言ってられないので必然的に交際費や娯楽は削る方向になると思います。

しかし、それではあまりにもつまらないですよね?

なので、なるべくお金をかけずに友達とコミュニケーションをとったり、息抜きしたりといった工夫が必要です。

たとえば、友達と話したい時は会ってお茶するのではなくLINEやZoomといったアプリの通話機能を利用したり、無料のWi-Fiスポットに接続してネット動画の視聴やスマホアプリのゲームをしたり、工夫次第でお金をかけずに済む方法ってありますからね。

また、お金がかからない娯楽としては↓↓のようなものも良いでしょう。

  • 図書館で読書
  • ウォーキング
  • ランニング
  • ウィンドウショッピング(購入はしないで見るだけ)
  • パワースポット巡り(歩いて行ける神社でOK)

東京都内で生活費10万円以下の一人暮らしは可能!

先ほど生活費10万円だと東京都内で一人暮らしするのは厳しいと書きましたが、決して不可能なわけではありません。

シェアハウスでしたら、東京都内でも家賃4万円代の物件はわりと見つかります。

一応、部屋は振り分けられているのでシェアハウスも一人暮らしですよね?

やはり、とくに女性の場合、経済的に余裕がないからといって風呂なし木造アパートに住んだり、東京都内勤務なのにわざわざ職場から遠くて家賃の安い近郊で部屋を探すよりもシェアハウスが安全で手頃です。

最近人気の女性専用シェアハウスもありますからね。



2万円台で始められるシェアハウス

シェアハウスといえば、昔はワケありだったり、外国人が利用するといったイメージがありましたが、最近ではそうでもないようです。

以前、私が派遣で働いていた職場にもシェアハウスに住んでいた30代の女性がいて、話を聞くとそれほど不便なこともなく毎日楽しく暮らしている様子でした。

下手に東京近郊で安い物件を探すよりシェアハウスの方が、初期費用も安くて安全です。

たとえば、こちらのシェアハウスにはこんな特徴があります↓↓

  • 敷金礼金・仲介手数料は一切不要
  • 家具・家電付き
  • トイレットペーパーや洗剤などはすべて支給
  • 共有スペースは専門業者が清掃
  • 安心の防犯システム完備

いったい、どんな物件なのか気になって調べてみたら、わかりやすい動画を見つけたので参考までにご覧ください↓↓


こういった人気シェアハウスの良い物件はすぐに埋まってしまうので、気になった物件を見つけたら早急に問い合わせるようにしましょう!↓↓

シェアハウスのお問い合わせ先

東京都内で生活費を10万円以下に押さえて一人暮らしをするのであれば、シェアハウスというのも有効な選択肢のひとつです。

とくに女性の一人暮らしは、環境が大切ですからね。

家賃は大して変わらないのであれば、交通の便が悪かったり、生活環境の悪い風呂なし木造アパートよりも綺麗で設備の整ったシェアハウスを選ぶ人が多いのも納得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。