40代女性の一人暮らし!生活費は月にいくら必要?

40代女性の一人暮らしに必要な生活費はいくら?

私も一応アラフォーの独身女性ということで、一般的に言われている40代女性の一人暮らしに必要な生活費が気になったので調べてみました。

アラフォー世代に突入して周囲を見渡すと、結婚して子育て中だったり、訳あって実家住まいだったり、人によって生活環境は若い頃と比べて大きく変わります。

だいたいの目安として一人暮らしをしている40代女性の生活費ってどれくらいなんでしょうか?

もちろん東京都内在住と地方在住では家賃や物価も違うので一概には言えませんが、この記事を読むことで40代女性の平均年収とマッチした一人暮らしに必要な生活費というのはどれくらいなのか参考にしていただけたらと思います。

ちなみに記事中で取り上げている生活費の内訳は、私の事例ではありませんからね。

40代女性の平均年収から生活コストを割り出せる?

年収

ちょっと前の資料ではありますが、国税庁による平成28年の民間給与実態統計調査によれば、40代女性の平均年収はこんな感じでした↓↓

  • 40代前半の女性:302万円
  • 40代後半の女性:299万円

同じ40代でも前半と後半で微妙に年収も違いますが、だいたい300万円前後といったところでしょうか?

しかし、この数字には結婚している人も含まれているため、厳密には40代独身女性の平均年収とは異なります。

だいたいの目安として参考程度に留めておくと良いでしょう。

ということで、40代女性の平均年収300万を12ヶ月で割ってみると、だいたい毎月の収入は25万円になりますよね?

この金額から税金やら何やら差し引くと、もっと少なくなるはずです。

そこから逆算して1ヶ月の生活費を導き出していくとわかりやすいのではないかと思います。

おそらくアラフォー独身女性の一人暮らしで月に使えるお金は20万円ちょっとでしょうね・・・

スポンサーリンク

40代おひとりさま女性の生活費の内訳

女性の一人暮らし

女性が一人暮らしをするにあたって必要な生活コストには↓↓のようなものがあります。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • 通信費
  • 衣類・美容費
  • 交際費・娯楽

40代女性の平均年収から割り出した毎月の収入の範囲内で一人暮らしに必要な生活コストを考えていきましょう!

家賃の平均は4~8万円

賃貸物件の家賃相場は、東京都内と都下、および地方でバラツキがあって、どうしても東京都内だと割高になってしまいますよね?

首都圏での家賃の平均は約72,000円で、全国の平均が約41,000円といわれています。

女性が一人暮らしをするうえで、首都圏に住むのと地方に住むのでは家賃の負担額が結構違います。

私はずっと東京都内在住ですけど、まあ、家賃は高いですよ・・・

地方在住の友人は、私よりも広い部屋に住んでいるのに家賃は安かったりします。

ちなみに私が今住んでいるマンションの家賃は首都圏の相場よりも高いですね・・・(見直すべきかな?)

あくまでこれは私個人の考えではありますが、やはり女性の一人暮らしって家賃が多少高くついてもセキュリティのきちんとしている物件がいいと思うんですよね。

スポンサーリンク

光熱費の平均ってどれくらい?

一人暮らしの光熱費は平均で約10,000円とのことです。

まあ、だいたいこんなものかと思います。

エアコンを頻繁に使用する夏の時期でも、ほんの少しだけ通常より高い程度なんじゃないでしょうか?

独身女性の食費

食費はだいたい30,000~40,000円前後って人が多いようです。

女性でも一人暮らしをしながら働いている場合、つい忙しいと外食が増えてしまうこともあるので、気づいたら食費が結構な金額になっていたなんてこともあったりしますよね?

本当は自炊を徹底するのが一番良いのでしょうけど、仕事が忙しいうえに料理や後片付けなどの手間が増えるとなれば、その分、自分の時間は削られるし、ストレスにもつながるので難しいところですね。

東京都内に住んでいる、または都内勤務でしたら↓↓のような方法で食費を安く押さえることができます。

アプリで食費節約 食費節約にアプリ活用!外食がお得になるだけでなく社会貢献も?

通信費

通信費は、だいたい平均で5000~10,000円らしいのですが、最近では自宅に固定電話を設置する人も少なくなりましたし、スマホは格安SIMを利用すれば3,000円以内に収めることも可能なので、昔より節約もしやすくなりました。



初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

しかし、世間一般ではまだ格安SIMを利用している人は少なく、自宅のインターネット回線とスマホのキャリア契約で通信費は約10,000円前後がわりと多いみたいですね。

衣類・美容費

衣類・美容費は女性特有の出費かもしれません。

女性にとっては不可欠というか、ここにお金を使う人は今も昔も多いのではないでしょうか?

とくにアラフォー世代になると、日々のお手入れは欠かせませんからね。

私も毎月、結構な金額を費やしていますよ 😥

  • 洋服
  • コスメ
  • 美容室
  • ネイル
  • マツエク
  • スポーツジム
  • エステ
  • 整体

ほかに細かいものをあげるともっとあったりしますが、「女性はお金がかかる」と言われているのはここなんですよね、きっと。

ちなみに一般的な女性の衣類・美容費は平均20,000~30,000円前後らしいですけどね。

衣類は↓↓のようなサービスを利用すれば、部屋も洋服でかさ張らなくて済みます。

交際費・娯楽

交際費は平均20,000円とのことです。

最近では、動画や音楽も定額制のサービスが増えましたし、スマホさえあれば娯楽にそれほどお金を費やさなくても、そこそこ楽しめますが・・・

おひとりさまだと家庭の制約がないこともあって、わりと自由がきくので外出が増える場合もあります。

外出が多くなると、知らずに結構なお金を使っていたりすることも・・・?

40代アラフォー独身女性の一人暮らしに必要な金額

40代女性の平均年収から毎月の収入の目安を割り出して、相応の生活費の内訳を合計すると、だいたい15万円前後になります。

たとえば、東京都内で一人暮らしをする場合は、

  • 家賃:7万円
  • 交際費:1万円
  • 食費:3万円
  • 通信費:1万円
  • 衣類・美容費:2万円
  • 交際費・娯楽:1万円

↑↑のような内訳だと1ヶ月の生活費は15万円です。

家賃と食費を安く押さえることができれば、15万円以下でも生活できますけどね。

ただし地方在住の場合は、たしかに家賃の負担も安く済みますが、交通の便を考慮すると自家用車が必要になることもあるので、どちらがいいとは一概には言えないといった感じです。

スポンサーリンク

生活水準が平均以下でも落ち込む必要はない!

アラフォー女性の一人暮らし

40代女性の一人暮らしに必要な生活費は平均すると約15万円前後という結論ですが、中にはこの数字を下回る人もいるでしょう。

しかし、落ち込む必要はありません。

現在の生活に心が満たされていればそれで良いと思いますし、自分より生活水準の高い他人と比較しても楽しくないからね。

以前もこのブログで取り上げた通り、現在は生活水準よりも幸福度が重要視される時代になってきています。

生活水準を上げるより幸福度を高めた方が人は幸せになれる?生活水準を上げるより幸福度を高めることが大事な理由

今回、記事を書くにあたっていろいろと調べていたら、40代独身でマンションを購入していたり、年収もそれなりにあって贅沢な暮らしを送っているという女性による書き込みなんかも出てきましたが、いつ何が起こるかなんて誰もわからないですからね・・・

彼女たちはリスクをとってその生活を選択しているというわけです。

どうしても同年代の女性が自分より良い暮らしを送っているのを知ると、羨ましいという感情が湧いてくるのもわかりますが、それぞれにメリットとデメリットはありますからね。

現在、それなりに収入があってマンションを購入していても、ちょっとしたことで収入が途絶えてローンが支払えなくなる可能性も今の時代だったら十分考えられます。

30代・40代の新型貧困生活が苦しい40代の現実!新型貧困に陥る危険性とは?

なので、他人と自分の生活を比較して、羨んだり、妬んだり、落ち込む必要なんてありません。

スポンサーリンク

家賃が高くて苦しい場合の対処法

先ほども書きましたが、東京都内に住んでいるとどうしても家賃が割高になってしまいますよね?

その結果、ほかの生活費にお金が回らなくなったりすることも度々あるでしょう。

そんな時に節約しやすいのは、

  • 食費
  • 通信費
  • 衣類・美容費
  • 交際費・娯楽

↑↑の項目です。

食費は自炊を中心にすれば押さえられます。

また、近所にスーパーがある場合は、閉店間際に行くとお惣菜が20%オフとか50%オフになるお店もあるので、タイミングを見計らってそういったものを購入するのも良いでしょう。

通信費、衣類の節約方法は↓↓の記事を参考にどうぞ!

生活コストを下げる方法生活コストを下げる方法!最低限押さえておきたいポイント

美容に関しては、どんなに品質の良い美容液や化粧水を使用しても日々の食生活や質の良い睡眠が最も重要だったりします。

高額な商品を購入しなくても、素肌に関してはある程度だったら生活習慣の改善で良い状態はKEEPできます。

交際費については、できるだけ外出せずに家で過ごせばそれほどかかりません。

友人と会話するだけでしたら、LINEでも通話は可能ですし、ほかにも便利なアプリはたくさんありますからね。

ちなみに生活費10万円以下での一人暮らしについては↓↓の記事を参考にどうぞ!

生活費10万円以内で一人暮らしは可能?生活費10万円以下で一人暮らし!都内に住むのは厳しいって本当?

まとめ

40代女性が一人暮らしをするのに必要な生活費について書きましたが、女性の場合、男性と大きく違うのは美容費くらいですかね?

簡潔にまとめると、40代女性はだいたい月収20万円ほどあれば、一人暮らしに必要な生活費は15万円前後ということです。

もちろん家賃を安く押さえることができれば、それ以下の生活費でも生活できます。

そういう点では、東京都内よりも地方在住の方が一人暮らしの経済的負担は少ないといえるでしょう。

  • これまでずっと実家で暮らしていたけれど急に出なければいけなくなった人
  • 離婚して一人暮らしを決意した人
  • 転勤などの事情でまったく土地勘のない場所で新たに一人暮らしをする人

人それぞれ事情は違うと思いますが、40代女性の一人暮らしに必要な生活費の目安として少しでもこの記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。