アラフォーで人生に疲れた人たちは何を思う?

人生に疲れた

アラフォー世代になると、若い頃のそれとはまた違って意味で「人生に疲れた・・・」という声がリアルに響いたりしますよね?

私がまだ20代だった頃にも「人生に疲れた」とため息をついていた40代がいました。

うちの母も口には出してはいませんでしたが、人生に疲れきったような雰囲気をどことなく漂わせていましたね…。

いろいろあったからなあー

実際に自分がアラフォー世代に突入してみると、思わず「人生に疲れた・・・」とこぼしてしまいたくなることも正直増えた気がします。

やはり年を取ったことで気分的には若い頃と同じでも、過去の経験や置かれている立場や環境によって疲れを感じてしまうものなのでしょうか?

「人生に疲れた」と感じているアラフォー世代の女性は、一緒に考えてみてください。

40代で人生諦めている人は30代にとらわれている?

これまで職を転々としてきた私は、いろんな職場で人生に疲れ切っている女性をみてきました。

もちろん、彼女たちは一生懸命仕事をしていたり、表向きは元気そうにみえたりするので、パッと見ではその人が人生を諦めているなんて見分けがつきません。

だけど、徐々に打ち解けて距離が近づくと、ふとした瞬間に本音が出るものです。

とくにアラフォー独身女性の場合だと、恋バナが効果的というか、過去の恋愛話をしているときに自らトラウマ告白してくる人も多いですね。

私もバツイチだったり、20代の頃はナイトワークの世界にいたりしたもので、それなりに恋愛や異性の話題はあるんですけど、自分の過去を話すとそこから一気に盛り上がることもわりと多かったりします。

たとえば、「アリサちゃんは再婚とか考えていないの?」と聞かれて、離婚の話や過去のトラウマをこっちから開示すると相手も話してくれたりすることは普通にあります。

そんな調子で恋愛以外にも仕事の話だったり、将来の夢だったり、いろんな話をしてみると「でも、もう諦めたけどね…。」というふうに結論付ける人も40代には目立つような気がします。

人にはそれぞれ事情ってものがあるので、やりたいことを続けられない人がいるのは仕方ないと思います。

アラフォーにもなると、若い頃の夢のひとつやふたつ諦めていてもおかしくはありません。

私もたくさん諦めました。

挫折経験もあるでしょう。

でも、そこでこれからの人生を諦めてしまうのはもったいないなと思うんですよ。

以前、このブログでも私の経験を書きましたが、大事なのは過去の挫折経験じゃなくて、これからどうするかなんじゃないかな?

↑の記事を読めばわかるとおり、いつまでも30代の失敗を引きずっていては、その後の人生を変えることなんてできません。

できないなら諦めるという決断もときには必要だけど、長い人生の中の一定期間に経験した挫折経験だけでその後の人生全部を諦めてしまうのは賢いとは言えないと思います。

40代で人生を諦めたという人たちの多くは、30代の挫折経験に囚われていて、うまく折り合いがつけられていないだけではないでしょうか?

20代の失敗は30代でがんばれば挽回できるけど、30代の挫折を40代で挽回するのは、やはりそれなりに大変なのはわかります。

だけど、諦めたままこれからの人生を生きるのは辛すぎると思うんですよ。

ならば、ダメ元で人生をやり直してみるのも悪くないんじゃないかな?

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

人生が楽しくない

アイスを食べる女性

若かりし頃は「今が楽しければそれでいい」という価値観で生きていたけど、さすがにアラフォーになるとそうも言ってられません。

あの頃は失うものなんて何もなかったから、刹那的な楽しみを追い求めていました。

が、アラフォーとなった今、若かりし頃と同じような価値観で生きていたら、きっと年齢を重ねるごとに人生がつまらなくなるんだろうなと思います。

だって、若気の至りで許されたことも当然、年を取れば許されることはなく「ただのイタイおばさん」になっちゃいますからね。

自分がアラフォーになって思うのは、若かりし頃にとらわれないこと、そして今現在の新しい価値観で生きることの大切さです。

私も自分磨きの一環として美容や健康は人並みに意識してますし、若く見られたいという下心も健在なのでアンチエイジングにも興味はありますよ。

でも、内面的にはそろそろ成熟していないと苦しいかなと思うことが増えました。

理想の生活を手に入れたい気持ちはわかります。

でも、無い物ねだりを続ければ続けるほど人生って苦しくなるものです。

無い物ねだりはやめて「足るを知る者は富む」って言葉があるように、今あるものに感謝しつつ、平凡な日常の中にささやかな楽しみを見出すことができれば人生変わると思うんですけどね。

人生のつまらない部分ばかりに目がいってしまえば、そりゃあ人生つまらないですよ!

他人と自分を見比べて敗北感に浸る必要なんてありません。

  • アラフォーなのに独身
  • 10代、20代のようにはいかない現実
  • 人間関係に消耗する日々
  • 人の幸せな姿を見るのが辛い
  • 明るい未来が描けない

もちろん私にも不安や不満、焦りはあります。

だけど、いつも自分と誰かを比較して優劣をつけたり、本当は可能性に満ちている未来を悲観して被害妄想に陥っていたら、人生はどんどんつまらないものになってしまうような気がして怖いんです。

どんなにささいなことでもいいから、幸せな時間が味わえるものを一つ見つけられたら、それだけで楽しみが一つ増えるのに、過去や他人に囚われて気づいていない人が世の中には多いような気がします。

昨日、スーパーで58円で買ったアイスを食べながら、幸せな瞬間を噛みしめる私はそう思いますよ。

合わせてこちらの記事も参考にどうぞ!

将来が不安アラフォー独身女性が将来の不安を解消するには?

身近に相談できる相手がいないのであれば、こちらもぜひご参考に!

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。