40代女性の仕事の悩みを解消するヒント!

40代女性の仕事の悩み

世の中の働く40代の女性たちが抱えている悩みって、結構切実だったりしますよね?

同じ働く40代女性といっても、既婚者と独身者で悩みの質も変わりますし、正社員と派遣・パートでも立場が全然違うため、なかなか問題も複雑です。

世間では40代の男性サラリーマンの悩みについて語られることは多いのに、どういうわけか働く女性の悩みはあまり取り上げられないという背景には、もしかしたらそういった事情があるのかもしれませんね。

まだまだ世の中の流れ的には男性社会だったりしますからね。

働く40代女性たちが抱える仕事の悩みは、立場や状況によって全然違ったりして、共通の答えを提示し難いという問題もありますが、ひとつ言えることは「20代・30代のままで生きようとすると疲れますよ!」ってことです。

それは、既婚者であっても独身者であっても、正社員でも派遣やパート勤務でも同じことが言えます。

40代に突入した働く女性たちの不安

働くアラフォー女性の不安

先ほど働く40代といっても既婚者と独身者、正社員と派遣やパート勤務で抱えている悩みも違うと書きました。

もう少し具体的に細かく分類して考えていきましょうか?

それぞれの置かれている立場や状況の違いを意識して読んでいただくとわかりやすいかと思います。

40代既婚者OLの悩みは一人二役?

既婚女性の仕事の悩みには、主に次のようなものがあげられます。

  • 子育てと仕事
  • 育休明けの状況や待遇
  • 仕事と家庭の両立

↑は一見、既婚者でも子持ちの人が対象に思えますが、まだ子供がいない方でも将来的には通る道だと認識している場合も多いようです。

働く既婚OLが抱える悩みは、主に仕事と家庭とのバランスだったりします。

OLと主婦という一人二役に戸惑いながら、四苦八苦している人も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

40代独身女性が抱える悩みは孤独?

40代の既婚OLに対して、独身OLの悩みはある意味逆です。

  • 仕事ONLYの人生でいいのか?
  • 仕事とどう向き合えばいいのか?
  • 隣の芝生は青い(同世代との比較)

アラフォー世代になると、若い頃とはまた違った意味で同世代の生活が気になったりするものです。

とくに独身女性の場合は、既婚者の同僚や後輩と自分を比較して「私はこのままでいいのだろうか?」と不安に駆られやすくなるという・・・。

おまけにアラフォー独身女性(毒女)なんて世間体も決して良くはないですからね。

そうなると、もう仕事しかないわけなんですけど・・・

男性と比べて女性の場合は、いくら出世したところで重要なポストに就いたりすることも少ないですし、家庭がないということは自分の仕事ぶりを認めてくれる存在が身近にないということになりますよね?

「私は今の会社でこのまま定年まで馬馬車のように働くだけの人生を送るのか・・・?」と気を病む人がいるのも理解できます。

正社員か派遣・契約・パート勤務か?

40代の働く女性たちの悩みは、正社員か派遣・契約・パートなどの非正規雇用かでも変わってきます。

正社員で働いている場合は、やはり男性同様、40代となれば年齢とともに責任が重大になってきます。

自分が上に立って現場を取り仕切ることも増えるでしょう。

で、先ほども書きましたが、どうしても日本の社会というのは、まだ男性社会の流れが強いわけですよ。

体力も落ちてきた40代の女性が、そんな男社会の中でガッチリ戦っていかなければいけないというのも過酷ですよね?

たしかに同じ時期に入社した女性社員は、すでに結婚やら何やらで退社していることも多いため、20年もその会社に居座っている人はそれだけで貴重な存在だったりするわけなんですが、がんばりすぎて消耗してしまうと一気に仕事のモチベーションも低下してしまいます。

40代になって「昔はがんばれたけど、最近全然ダメだわ~」と感じている方は、この機会に自分を見直してみてはいかがでしょうか?

男女問わず、40代はただでさえ体力も衰えて仕事がつらくなる時期ですからね。

一方、契約社員や派遣社員、パート勤務といった非正規雇用で働く40代女性の悩みはさらに深いです。

非正規雇用となると、やはり社会的に不安定な立場ですし、当然、収入面でも不利な状況だけあって将来の不安は大きいですよね。

とくにアラフォークライシス直撃の氷河期世代の女性たちは、危機感も大きいのではないでしょうか?

私もまさにその世代だったりするので決して他人事ではありませんが・・・

考え方ひとつで随分と楽に生きられるようにはなりました。

もしかしたら、40代の働く女性にとっては、どこかで覚悟を決めることも重要かもしれません。

これはあくまで私の考えに過ぎませんが、よかったら↓の関連記事を参考にしてください。

将来が不安アラフォー独身女性が将来の不安を解消するには?

スポンサーリンク

仕事にやりがいを求めない

40代の働く女性たちが抱える仕事の悩みは、立場や状況によっても悩みの質が変わってくるので、ひとつの答えを提示するのが困難ではありますが、「仕事との向き合い方」に関しては共通していると言ってもよいでしょう。

とくに女性の場合は、男性と比較すると地位や名誉より仕事にやりがいを求める傾向が強いと言われています。

誰もがやりがいのある仕事をしたいと思っているのではないでしょうか?

しかし、やりがいのある仕事なんて見つけようとして見つかるようなものではありません。

もしかしたら50代・60代になってもやりがいのある仕事と巡り会えない可能性だって考えられます。

つまり「やりがいのある仕事をしたい」というのは、ないものねだりに近い感覚なんですよね。

そこに無いものも必死に求め続けてさまよっても、無駄に疲れるだけです。

40代は「やりがいのある仕事」を求めるのではなく、今任された仕事にやりがいを見出すことができないと苦しいだけだと思うんですけどね。

40代の働く女性は力を抜いて生きればいい

先にも書いたとおり、現在社会はまだ男性社会の流れが根強く残っています。

男性の場合は、家族を養う一家の大黒柱としての役目も兼ねているため、日常生活においてどうしても仕事の優先順位が高くなるものです。

しかし、女性がこういった男性的な働き方をしていると、20代・30代まではよかったけれど、40代に入ってから突然不調に見舞われたりします。

40代ってホルモンのバランスやら何やらで、いろいろ複雑な事情もありますからね。

また、働くアラフォー女性の場合、若い頃よりもプライベートが仕事に大きく影響を与えるようになってきます。

プライベートがうまくいってると仕事にもそれがダイレクトに反映するといえばわかりやすいですかね?

40代で輝いて見える女性の多くは、プライベートが充実していたりします。

逆に20代・30代の頃は、バリバリ仕事をしている女性が輝いて見えるわけなんですけどね。

わかりやすく言うと、20代・30代までは足し算で仕事をしてもうまくいくんですよ。

でも年を重ねるごとに体力勝負の足し算だけだとキツくなるということです。

アラフォーからは、足し算だけでなく引き算で仕事ができないと苦しくなりますよ。

ちなみに仕事で掛け算とか割り算が必要になるのは、会社役員とかCEOなど主に経営に携わる人たちなので、ここでは割愛しますね。

まあ、簡単にまとめるとこんな感じですよ↓

  • アラサーまではバリバリ働く女性が輝いて見える
  • アラフォーからはプライベートも充実している女性が輝いて見える
  • アラサーまでは経験を積んでとにかく学ぶ(足し算)
  • アラフォーからは力を抜いて生きる(引き算)

この考え方が、はたして40代の働く女性たちの悩みを解消できるかどうかはその人次第ですが、何かしらのヒントが得られれば嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。