40代の離婚率を見ると第二の人生を考える時期なのかも?

40代の離婚率は?

このブログでも以前、離婚後の生活について取り上げたことがありましたが・・・

最近は私の周囲でも近い将来、離婚するかも知れない人が出てきてしまったこともあり、相談も兼ねていろいろと話を聞く機会が増えました。

40代というのは人生の折り返し地点ということもあって、いろいろと考えさせられる場面も多いでしょう。

私の場合は20代で離婚を経験しましたが、アラフォーになってから考える離婚とはまた違いますよね?

男性と女性では、また離婚の捉え方が違うのかも知れませんが、折り返し地点からの人生を考えて離婚という選択をする人もわりといるように思えます。

40代で離婚する男性と女性の割合は?

40代で離婚する男女

こちらの記事↓でも書いているとおり、夫婦3組に1組が離婚していると言われています。

離婚後の女性の生活は苦しい? 離婚後の生活は女性にとって厳しい現実を突きつける!

気になる40代の離婚率と男女の割合については、ちょっと古いデータではありますが、平成27年度に行われた厚生労働省の調査によるとこんな感じでした。↓↓

  • 40~44歳の男性:17%
  • 45~49歳の男性:12%
  • 40~44歳の女性:16%
  • 45~49歳の女性:11%

女性に比べて男性の方が若干、離婚率は高いといった印象でしょうか。

ただし、結婚適齢期は女性の方が早いですし、その分30代で離婚する人の割合が女性の場合は前倒しで高くなると考えることもできます。

ちなみに離婚率がもっとも高い世代は30〜35歳みたいですけどね。

参考 離婚に関する統計概況厚生労働省

スポンサーリンク

40代で離婚を考える夫婦の特徴

当たり前のことですが、40代というのは20代や30代と比べて全然違います。

若い頃は普通にできたことができなくなってきたり、精神面および身体面にも変化が訪れる年代です。

たとえば、40代になってから仕事がつらくなったり・・・

40代で仕事がつらいと思う人が多い理由とは? 40代で仕事がつらいと感じる人が多いのはなぜ?

30代までは決してそんなことなかったのに、どういうわけか毎日がつまらなくなったり・・・

毎日つまらない 毎日がつまらないと嘆く40代!年を取るごとに人生が楽しくなくなる理由とは?

経済的には安定していても、精神面で不安要素が多いというのも40代の特徴だったりするわけです。

「自分の人生はこのままでいいのだろうか?」

と、葛藤したり、思い悩むことも多いでしょう。

そして当然、それは夫婦生活にも影響を及ぼします。

  • 子供がいる場合は10〜20代になったばかり
  • 夫婦間のコミュニケーション不全
  • 夫婦の性格の不一致が明確化
  • 長い夫婦生活にお互い不満が募っている状態

40代で離婚を考える夫婦には、↑↑のような特徴があるのも納得です。

離婚を切り出す条件が出揃っているわけですからね。

スポンサーリンク

離婚するにあたっての不安要素は経済的理由?

40代で離婚する夫婦の経済的不安

40代の夫婦が離婚するにあたって、不安要素を挙げるとしたら経済的理由でしょうか?

  • 妻は離婚後に自立して生活できるか不安
  • 夫は財産分与・慰謝料・養育費などの心配
  • 40代では住宅ローンがまだ残っている場合が多い

もちろん子供がいる場合は、親権問題という不安要素もありますが、経済力が大きくかかわってくることには変わりありません。

これらの不安要素をクリアできれば、これまでずっと我慢を強いられてきた長い夫婦生活から解放されたいと思う人がいても当然かも知れませんね?

スポンサーリンク

人生の折り返し地点は離婚危機?

人生をマラソンに例えると

人生の折り返し地点でもある40歳前後というのは、人生についていろいろと考える時期でもあります。

今までの人生を振り返った時、「はたして自分はこのままでいいのだろうか?」と不安になることもあるでしょう。

そして、人生は一度きりという当たり前の事実を目の前に「後悔しない生き方」を模索するのは当然です。

そう考えると、もっとも離婚率が高い30代でタイミングを逃してしまったり、子供がある程度の年齢まで育つのを待ったり、経済的な問題がクリアできそうな状況で離婚を切り出す40代も意外と多いかも知れませんよね?

それなりに時間が経てば、夫婦生活も変わります。

どこかでお互いの変化に着いていけなくなる場合もあるでしょう。

いつまでも新婚の頃のままではいられませんからね。

これまで長い時間をかけて積もりに積もった夫婦生活への不満が、限界に達しやすいのも40代だったりするのではないでしょうか?

40代というタイミングは、そんな夫婦生活にケジメをつけて終止符を打つにはちょうど良い時期なのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。